旅行前の準備が大切

ある時、身近な存在である中国へと海外旅行をする運びになりました。
中国へは、フライトで香港へ入国し、その後中国の深センへと向かうプランです。
日本を出発した後、香港への入国を済ます為、イミグレーションを見てみたら、長蛇の列。
入国審査をするまでに30分〜40分程度かかりました。
やはり、香港を起点に旅行をする人達が多いのですね。
香港から中国へは、「尖沙咀」から出ているバスを利用して、「深セン湾口岸」へ向かい、香港の出国と中国への入国を済ます予定です。
「尖沙咀」から「深セン湾口岸」へはバスで1時間程度になります。
バスに乗っていれば到着するので、とても楽に中国へ向かうことができます。
「深セン湾口岸」へ到着し、事前にトイレを済ませた後、香港出国審査場へ向かうと、そこもまた長蛇の列。
ここでも審査完了するまでに40分程度掛かります。
中国への入国審査は、1ブースだけしかないので、そこでも20分〜30分程度かかります。
国や場所に応じてイミグレーションにかかる時間が長くなるので、旅行をする際には事前に確認しておくことをお勧めします。
その他にも、中国への海外旅行を検討されている方は、事前に調べておかなくてはいけないことが一杯です。
なぜならば、中国では世界の共通語である「英語」がほとんど伝わらない可能性が高いからです。
まずは簡単なコミュニケーションを交わす、挨拶や道の尋ね方、目的地など簡単な言葉だけでも覚えておくと便利だと思います。
どこかへ行くのに目的地を伝えられないとタクシーでも向かうことができません。
念の為、ガイドブックや紙、ペンを用いて筆談ができる準備をしておいた方が良いです。
日本人は漢字に慣れている為、目的地などを紙に書けば伝わるケースがほとんどです。
次にしておかなくてはならないこと、それは目的地の行き方を調べることです。
中国の移動手段はタクシー以外では、バスが中心になります。
その他に地下鉄もございますが、バスの方が便利で安いからです。
目的地へ行くためには、どこから何番のバスに乗って、どこで降りれば良いのかを事前に調べておきましょう。
また、中国のバスは乗車時に行く先を聞かれるので、ここでも目的地を伝える手段を準備しておいた方が良いですね。
あとで読む